照明の基礎知識~光の癒し効果~

高度情報化社会に生きる私たち現代人は、日常的にストレスを感じやすく
そのストレスから解放される癒しの空間を求めているといえます。

旅行に出かけると、日光を浴びる機会が増えますね。
適量の日光浴を続けることで、心拍数や血圧は下がり、忍耐力が向上
ストレスに強い身体になります。


癒し効果があるのは、太陽光だけではありません。
ミュンヘン空港には、さまざまな色の光を発する「動く歩道」があります。
いろいろな色の光を浴びることで、長時間のフライトで疲れた心身を回復させるための
配慮なのでしょうか。なんだか、他の空港では体感できない心地よさがあります。


こうした光の効果というものは、人によってさまざまですが
自然光のような「フルスペクトル」が体に良い影響を与えるとともに
光の波長によっても「セラピー効果」があるようです。


色光による癒しの効果は、一般的に次のように解釈されます。

ブルー・・日没後に生じる深い青色の空のイメージ。眠気を誘い、気持ちを鎮める効果がある。

グリーン・・目を閉じているときにまぶたに感じる光。

オレンジ・・家庭的な雰囲気を感じる色。食欲を高めたり、親しみ、安らぎ、和みの雰囲気を作る。

ピンク・・明るい気持ちになれる。女性にとっては、ホルモンバランスを整える効果もある。

バイオレット・・エンドルフィンを生成し、落ち込んだ気持ちを改善させる効果がある。



神奈川県、川崎で電気工事・配線工事でお探しでしたら、ムガ電までぜひお問い合わせ下さい。
ご自宅・会社・施設など幅広くご対応させていただきます。

お問い合わせはこちらよりお気軽にどうぞ

ページトップへ戻る